漢方相談

漢方薬のお話(第6・7回目)

松浦薬業 加藤先生の漢方講義を行いました

1月29日火曜日、2月5日火曜日14時~ウエサカ薬局本部にて、松浦薬業、加藤先生による中医学の勉強会を、2週続けて行いました。

年明けの第6回目は、基礎に戻って患者さんの症状をどのように探っていくのか?!
患者さんの病の状況を知るための流れについて勉強しました。中医学では「弁証」と言い、ファーストインプレッションで顔色や態度、動き(望診)などから情報を得ることから始まり、呼吸の音やにおい(聞診)、実際にお話しを聞く(問診)、という流れで、患者さんの情報を得ていきます。

そして第7回目は、前回講義の復習から入りました。
気虚や血虚による気滞(気詰まり)で現れる症状の一つであるストレス!その原因が、気虚なのか気滞が原因なのか?など、患者さんのお話をしっかり聞き、情報を得る大切さも、再認識いたしました。

加藤先生、2週続けての講義を有難うございました。

2019-02-05 漢方薬のお話(第8回目) 漢方薬のお話(第5回目)
新着情報ここまで
  • このエントリーをはてなブックマークに追加