学校薬剤師としての取り組み

くすり教育を行いました

実験を交えて薬との上手に付き合い方について話をしました

11月中旬に、学校薬剤師を担当させていただいている中学校の学校保健委員会で、くすり教育を行いました。
今年で4回目になります。
くすりはなぜコップ一杯の水または白湯で飲まなくてはいけないのか?など、実験を交えながら、楽しく学習してもらいました。
健康の3原則・心の健康5カ条と併せ、若いうちからくすりとの正しい付き合い方を学ぶことで、健康な生活を送る習慣を身につけてもらえたらうれしいです。

 

2015-12-11 薬物乱用防止教室  「自信を持って取り組める医薬品の教育」研修会
新着情報ここまで
  • このエントリーをはてなブックマークに追加